2018年07月12日

肌断食 トライなう

1)鼻の頭やら頬の毛穴開きがひどい
2)保湿重視=セラミドたくさんとろうと試みる
3)セラミド重視系化粧水・乳液の現品やら試供品を片っ端から試みる
4)3か月くらいそんなボヘミアン生活
5)改善されなかったり、肌がヒリヒリしたりを繰り返す
6)飽きる ※今ここ

というわけで、肌断食にトライした次第。
日中メイクをしないわけにはいかないので、夜だけの断食。
顔を洗って10分たった今、めっさ顔がかゆい。
Tゾーン以外にうすーくワセリンを塗っても、かゆいものはかゆい。
が、ここを越えなければ意味ないのよね。

というわけで少し頑張る。
夜と週末だけ断食してみていい反応が出るようなら、ファンデを変えるとかして朝とか日中も断食できる方向に変えていきたい。
順序的に逆かもしれんけど、日中のメイクを最初に引き算するのはリスクが高すぎるんよ…。
posted by がー at 21:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月01日

「体が動く」ということ

ブログは久しぶりですなー。
でもツイッターでは無理な長さだったので、こちらに。

野村萬斎のプロフェッショナルにて見た、「表現を求めて、体が勝手に動く」という現象を、入り口程度だけど経験したことがある。

学生時代、2年間週2回なんて軽いものだったけど、能の手習いを経験させてもらった。
私の卒業記念に、同期の子と「相舞」をやらせてもらえることになった。
相舞は、ざっくりいうと2人でお揃いの舞を見せるやつで、歌舞伎で言うと鏡獅子みたいなアレ。
習っていた流派で相舞は「小袖曽我」のみで、しかもそれは4年やってきた先輩でも通常やらせてもらえない曲だったもんだから、正直外部から「僭越」なり「時期尚早」なり指摘もされた。今思えば先生よくそれやろうって思ったよね(笑)。
でも、相方はそういうのを知っていたかもしれないけど私はよく分かってなくて、珍しい曲をやれるという楽しみだけしか頭になかった。

そういう場合のお約束で、やってみたらとんでもなく難しい。
途中の舞も合わないけど、一番合わないのが足拍子(舞台を力強く踏んで音を鳴らす型)。
プロと同じ場所で踏むのが一番盛り上がるに決まってるんだけど、素人だとそれまでに型を全部舞い終わらない!足が動かない!
相方は出来るんだけど、無気力稽古を続けてきた私には無理!(爆)
てなわけで、プロ仕様からちょっと変更して、プロより1小節くらい後に足拍子を踏もうと決めて、けいこを続けた。2か月くらい、ほぼ毎日やった。

が、無理だった。
板の上に乗った時の緊張感もそりゃあるんだけど、なんか2人とも曲にのってしまった。
かたき討ちに行く兄弟になりきっちゃった。
お互い練習と違う位置で、打ち合わせも全くなくプロと同じ曲の位置で、2人揃って足拍子を踏んでた。
途中の舞の出来はともかく(爆)、足拍子としては最高のタイミングで、最高の出来だった。

発表が終わると、切戸と呼ばれる舞台から降りるための横にあるちっちゃい戸から退場し、その前で舞うための謡をうたってくれた人たちにお礼をするんだけど、お礼をすると同時に相方と大笑い。
謡ってくれた先生や先輩たちも大笑い。
あまりに大笑いしすぎて、「舞台に聞こえる!」と我に返った先生に怒られたけど。

あれは多分、「体が動いた」瞬間だったんじゃないかなあと今でも思う。
練習すればするほど、1小節後ろに設定した足拍子に「ここじゃない」感を感じてた。
でも私の技術が追い付かなかった。
本番までに技術が追い付いたなんてことはなかったろうけど(舞は録画してないから見てない)、それでもあの時、体と頭が1小節遅らすことを許さなかったんだろうな。

萬斎と比べるなんてとんでもない暴挙だけど、ふと思い出したので書いてみた。
相方は今どこで何をしてるのか分からないけど、元気で、相変わらず和文化好きだといいなあと思う。
いつかなにか縁があって会えたら、絶対この話して、また笑おうと思う。

posted by がー at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月27日

就活の話

久しぶりにブログ。
引きこもりで人との出会いを極力避けたい私。
でも面接ともなればそんなこと言ってられずに出会いがあるわけで、一生懸命「明るく元気のいい私」を演出する。
その結果「君、営業やってみない?」と言われたことが複数回。
それをうまいこと断れずに結局落とされることも複数回。
「事務募集って言ってたくせにー!」と切れてみるも、考えてみりゃあそれは私が失敗してるわけで。

自己PRタイムはどの会社の面接でもあらかた設けられている。
その時のPRの仕方として、私は「事務方」ではなく、他の仕事のPRの仕方をしてるのだろう。
本人にはそのつもりがないんだけど、「PRの結果」は本人が思うものじゃなく、相手の判断がもちろんメイン。
というか100%。
相手にそう伝わったのであれば、そっち方面のPRの仕方をしてたんだろうなあ、自分。

「いやん私ったら外交的に見えるのかしらー」と嬉しくないわけでもない。
だって引きこもりだもの(爆)。
でも、自己PRとしては大いに失敗してるorz。
この辺が私の敗因なんだろうなあ…。
女子の事務員募集で必ず「おとなしい子を募集」してるわけでもないだろうけど、なにかがこう…間違ってるんだろうなあ…。
誰か「女子事務員としてのPR」のうまい方法教えてください。
posted by がー at 17:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

ひさびさ

久々のブログ。
久々すぎてログインがままならんかった。

なぜ彼女が出来て、私にはできないのか。
なぜ提案を「出来ない」「断る」という前提から話し始めてしまうのか。

成功体験がないと自分に対して否定的になる、と聞く。
そのせいかもしれないとも思うけど、成功体験がないわけじゃない。
冷静に考えれば、少ない方ではないとおもう。
が、もっと冷静に考えると、かならず失敗体験とセットになっている事にも気づく。
何かから逃げようとした結果の成功であったり、その成功ゆえの失敗があったり。
だから多分、成功体験をもって自分に対して肯定感を育むことができないんだろう。

人と目を合わせることができないのも、たぶん失敗体験が尾を引いている。
ただ歩いているだけのつもりなのに、道を聞かれたり声をかけられることが一時期多かった
それはどれも、その人と目があった直後だった。
道を聞かれるならまだしも、ナンパだったり勧誘だったりということも少なくない。
だから私は、人と目を合わせることをやめた。人と目があるとろくなことがない。
それが癖になった。
そして今、人から目を合わせてもらえなくなっている。些細な会話でも、相手は私を見ない。
そのたび私は、自分の否を探して、自分にがっかりする。
きっかけは自分だったくせに。

正解も脱出口も分からない。
ただ、いま成功体験が欲しい。
だから何かしないといけない。
でも何かやる気力が分からない。
そして負のループ。
「今でしょ!」っていうのは簡単なんだけどなあ。
自己肯定も出来るかもしれないけど、それって言い訳じゃね?って思ってしまってもみたり。
って「出来ないから始める自分」がこんなとこにも発動するのか。
めんどくせえなあ。
posted by がー at 23:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

毎朝3歩進んで3歩下がる

あまりに出来ないことが多すぎるので、少しだけでも料理が出来るようになってみようと実験中の私です。
食材を買う時、今まで買ったことのない食材を1つ以上買うようにしたら、結局それを使うために作ったことのない料理を作る羽目になるといういいんだか悪いんだかな循環中。
朝しか料理しないので、作るものは限られるけど、でもすこーしずつ作れる料理が増えてきたかな。
ここで驚くのが、今まで自分がどれだけ料理やってこなかったかってこと。
ニラも小麦粉も鶏肉も初めて買った。買う時に自分でも驚いた。ひでえな、自分(笑)。
今日は「天ぷらに最適!」と書かれたサメを買ったけど、天ぷらは興味がないので、どうするか検討中。から揚げにして甘酢あんかけとか?
でも一番好きなのが具なしの焼きそばなので、さほど前進はしないと思われる(爆)。
posted by がー at 22:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

2011年11月11日

震災から8か月。
私のTwitterのTLもその話題が出てるけど、ひと月ごとに「つぶやき」が減っていっている。
今月に限定するなら、震災よりポッキーの日とかゾロ目に触れた数の方が多かった。まあ、2011年の11月11日という特別具合が並ではない「11日」だったから当然といえば当然なのだろうけど。
コンビニでは、ポッキーの棚で一部空になってたりした。
もちろん責めない。だって私も探しに行った一人だし(爆)。

この先、30日前後経てば何度でも「11日」はやってくる。
そのたびに震災のことを思い出すつぶやきが、この先どれだけ減らずに残るだろう。
私もその一人でありたいと思う。
ありたいと願う。
どうか一人でも多く、せめて夜暖かく寝るだけでも心安らかに過ごせますように。
posted by がー at 19:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

メタボメタボと…

さて、今年も健康診断の季節。
アラフォー女子ってことで乳がん・子宮がん・そして生活習慣病検診を受けろと言われていたのにもかかわらず、追加料金がかかるので受けないでみた。
21時以降は物を食べるな、水分はいいよと言われたので、じゃあと酒で満たしてみた。が、この作戦大失敗。だってつまみがほしくなっちゃって。
来年からはこの作戦は取らないことにする。
そういえば、サプリメントを取るのはどうなんだろう?

いつもと同じ時間(7時前)に起きたせいで8時半過ぎに出かけるまでに大分腹が減ってしまい、死に体で一路検診へ。
毎回採血中は針を刺されるところから目を離さずに全部観察する私。「そういう女子はあまりいないよね」と友人に言われ疑問に思ったけど、今回私の前に採血されてる女子はずっとあらぬ方向を見てた。そうか、みんな本当に見ないのか。血の色とか見ておいた方がいいと思うんだけどなあ。
今年の血は去年よりはどろどろしてない感じだったけど、色は濃かったなー。左の視力はたぶん落ちた。
それより普段69とか71センチのボトム履いてるのに、ウエスト測られたら84センチで、メタボ直前だったぜ…。人間の腹ってそんなに伸縮するんか。
そしてここでも「もういい年なんだから、来年からは生活習慣病検診を受けなさい」と言われ。
分かっとるわー!
ということで、来年はまた「バリウム飲んで超便秘の巻」をやらねばならぬようですああ面倒くさい…。
posted by がー at 20:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする