2011年06月03日

一番のお気に入りは石川マリウスでした

さて、レミゼ行ってきた。
帝劇100周年記念キャストってことで、スペシャルなわけだったけど、なぜそこに気付かなかった俺!っていうほんとスペシャルなキャストだった。
で、箇条書き。

残念なこと
・バルジャンにしろジャベールにしろ、私にとっての基本となってる赤版とかその年の公演と比べるとかなりマイルドだと思った。個人差かと思ってたんだけど、2年前の別キャストの時も今回も同じくそう思ったので、演出がそうなってるって事なんだろうか。紙一重なジャベールとか、血反吐はいてそうなバルジャンとか、2人の血で血を洗いかねない攻防って感じの、もっと荒れた感じが好きだったんだけどなあ、私は。
・今回のマダムテナルディエがソプラノじゃないせいなのか、はたまたキャスティングの都合なのか、「ワンデイモア」の肝ともいえる強力なソプラノがなくて、勢いがないように感じた。全体的にキャストの声は出てたと感じてただけにちょっと残念。
・「彼を帰して」が、伴奏をちょっと変えたらしく超ぶつ切り風味で、今回はじめて泣けなかった。今井さんの歌自体はすんげえよかったのになあ…。
・隣のおばさん2人は常連らしいんだが、前後に動くわ、(ひざの上でだけど)指揮し始めるわ、ビニールがさがさやってペットボトルの茶を飲み始めるわで最悪だった。一人遅れてきたんだけど、挨拶だけならともかくそのまま話し続けるし。前の列の子供(補助クッション使わないと舞台が見えないレベル)の方がよっぽどおとなしかった。

驚いたこと
・島田エポニーヌのクオリティが、あまりに昔とかわらなすぎて、怖いくらい嬉しかった。
・鳳マダムが似合いすぎた。一番好きかもしれん。昔付き合いで行ったディナーショウではあんなに燕尾服でかっこよかったのに。
・ファンティーヌも岩崎ファンティーヌが予想以上に好みだった。そりゃマドンナでララバイだもんな、と勝手に合点した。
・神田沙也加が「パパ、パパ」って歌うのがやけに似合ってて、なんかすげえと思った。
・アンジョルラスが岡幸二郎だった>1幕が終わってから気づいた。遅すぎる。
・岡幸二郎の足が長すぎた。いやーすげえスタイルいいな!>いまさら。
・閉演後に外に出たら、いかにもっていう黒い車が何台も出口前に横付けされてて、傘差したり、雨の中立ちつくしたりして主人を待つ運転手さん達がいた。いるとこにはいるんだよな、セレブって。

って、あれ? 書いてる量で言うとあまり良くなかったと思わせぶりだけど、そうでもなかったんだよな。
そうでもない公演を見た次の日はあまり何も考えないんだけど、今公演は次の日にリフレインしたから。
その場で感動する舞台も当然あるけど、レミゼの場合、私は次の日にならないと分からないらしい>おい。
来年以降、別物のレミゼになるっぽいけど、こうなったら見てみたいなあ。もっと荒れた(笑)バルジャンとジャベールが見られるなら、確実行く。
posted by がー at 22:57| Comment(0) | TV・映画・舞台とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月30日

どんな闇夜も やがて朝が

レミゼのブログパーツを置いてみました。盛り上がるったらない。
今までの演出が今年で最後って言われたら、そりゃ行くしかないじゃないか。
帝劇100周年記念キャストの席が運よく取れたので、2階の端な上に仕事の関係でその日の昼まで仕事して翌日の朝一の便で帰ってくるとかいう強行軍だけど、そりゃ行くじゃないか。
鹿賀さんのジャベール(ジャン・バルジャンしか見たことないけど)とか斎藤さんのテナルディエとか島田さんのエポニーヌがもう見られないかもしれないとなったら、そりゃ行くじゃないか。
「こんな地震多発時期に地元を離れるなんて、なんて恐ろしい子…!」って確実言われるので、親には内緒だけど。
ちょっと前までは行くの諦めてたんだけど、この動画見たら激泣いてしまって、「やっぱ見に行かなきゃだめだ! 絶対後悔する!」って思った。
あーもうすっげえ楽しみ! 楽しんで、そしてホールの募金箱にお金入れてこよう!



posted by がー at 01:40| Comment(0) | TV・映画・舞台とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

がー は なかまを みつけた

相変わらずのザッピング生活で偶然見た「Q〜わたしの思考探究」(NHK)。
「恋愛とは何か」っていうテーマに出てきたのが光浦。
これがねえ、メガネっぷりだけじゃなく考え方まで非常に私とよく似てる。
基本的に「世の中の人はみんな私のことが嫌い。っていうか私のことを世界で一番嫌いなのは私」っていうところからまず話が始まるあたりが。
それを「同病相哀れむ」で見ていた私にとって、素晴らしい発言が。
光浦も、自分が好みの人からは告られることはないのに好みではない人に限って好意を寄せられることがあるらしく。
「先生は『恋をしろ』っていうけど、好意なんて持てない奴ばっかり寄ってくるんだからどうしていいか分からない」と告げた光浦にその日の先生が一言。
「今のあなたはあなたの好みではない人なので、そんな人のことを好きになるになる人があなたの好みになるわけがない。つまり、好みじゃない人に好かれる原因は、あなたがあなたを好きじゃないせいなんです」
…うおおー! すげえ説得力だ! 目から鱗落ちた!
なるほど、私がキモオタにばかり好かれるのはそのせいか!(爆)
なんかすげえ金言だった。ちょっとこれから心する。
とかいいつつ、この放送で一番思ったのは、「光浦とまじ友達になりてえ」だったけど。自虐トークで三日三版楽しく飲み続けられる気がするよ彼女とは。
posted by がー at 20:42| Comment(0) | TV・映画・舞台とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

今までにない多彩なフォームチェンジ、らしい

あれ? 仮面ライダーの改変期って9月だっけ?
10月くらいだと思ってた。
ってことは、そろそろWもラストスパート? やべえ見ないと。
っていうか新しい仮面ライダー、どうなるんだこれ。
「オーズ」って聞くと、ワンピースのオーズを思い出しちゃって、微妙にヒーローな感じがしないけど。
クリーチャーデザインにパトレイバーとかやってた出渕さんってあたり、気になるものはあるんだけど。

仮面ライダーオーズ/OOO(テレビ朝日)
posted by がー at 23:18| Comment(0) | TV・映画・舞台とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

それシンケンジャー

そっとライダーじゃねえのが混ざってるのに、合ってる気にさせられた。
恐るべし、ライダー。

壮観!ライダー全員集合!!(ねたたま!)
posted by がー at 10:25| Comment(0) | TV・映画・舞台とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

レッツ川越 いつの日か

「林隆三、川越を行く」な感じのいい旅夢気分。
TVを付けっぱなしにしてただけなんだけど、ふと見覚えのある建物が。
…これ、Wの本拠地じゃね? 何で何も言わない…ってあれテレ朝か。これフジか。
どうにも気になって調べたら、やっぱりそうだった。閉館した映画館だそうで。
園崎家が国立美術館ってのもすごい設定だけどな(笑)。
そしてついでに電王のMILK DIPPERも川越にあるレストランだって事が発覚。
って国有形文化財? すげえなおい。
川越って結構ロケやってるんだね。シンケンジャーでもそれっぽい風景あったし。
夢気分情報によると、着物レンタルがお安くできるところがあって、着物でぶらりとできるらしい。1回行ってみたいな。

仮面ライダーWダブル ロケ地ガイド(全国ロケ地ガイド)
posted by がー at 13:21| Comment(0) | TV・映画・舞台とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麿って呼ばれてんのか…

細かい事情は初めて聞いたわ。
つか登坂さん、今北海道なのか。
そのうちまた、お昼とか19時のニュースあたりでお目にかかれることを楽しみにしてます。

NHK札幌の登坂アナ 「麿」 こと登坂淳一アナウンサーがアイドル並に大人気(にゅーす特報。)
posted by がー at 10:45| Comment(0) | TV・映画・舞台とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする