2011年03月03日

てやんでぇバーローチクショー!が一番好きなセリフ

赤塚不二夫展in秋田に行ってきた。

千秋美術館(秋田市)

平日なのにちょいちょい人が入ってた。私くらいの娘さんとそのご両親っていう組合せとか、他の展示会にはない客層もいたことに、赤塚不二夫の知名度とか評価が一番表れてる気がした。
漫画の展示会ってのは初めて行ったけど、漫画なので作品が横に流れるように展示されてるわけで。つまり、右の壁の作品を見たら、左の壁の作品を見るために元いた位置に戻らないといけない。
右の壁にもう1作品飾られている場合は、さらにもう1度戻らないといけない。つまりやたら会場内を往復するわけで。
平日の昼に行った私は、3往復したころに次の客が来る、くらいの客数だったからとっても見やすかったけど、土日の混んでる時にはこの見方は厳しいかもなあとも思う。が、写植の切り張りとか手書きの修正とかがガチで見られるので、ファンはダイエットだと思って何度でも往復してくださいそれだけの価値はあります(笑)。
前後に動くキャラのパネルとか、赤塚キャラ(2頭身)になれる不思議鏡とか立体的な展示もあって、飽きさせない作り。おそ松くんとバカボンの上映スペースでは、思わず1時間(全作品上演分)居座ったぜ。
そして展示の最後は、有名人の「シェーッ!」写真。報道でも取り上げられたタモリのやつとかあった。もちろん私はチビ太な真弓さんと本家イヤミな肝付さんのシェーでアガった。いやーその人選は予想外だった。

おおむね楽しめた作品展。
秋田では、報道で取り上げられるような作品展が巡回してくることが少ない気がするので、そういう意味も含めて行けて嬉しかった。
さてこの先は勝手に思ったことなので収納。
↓ 続き
posted by がー at 23:24| Comment(0) | 秋田とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

それはあくまでお約束

秋田美人ってどういう顔のことなのか。
昔秋田に転封された佐竹の殿様が美人をがっさり連れてきたから秋田には美人が多いという俗説もあるけど、その頃の美人といえば「色白、細面、おちょぼ口、クールな目元、富士額」。
ということは、昔から連綿と語り継がれてきた「秋田美人」ってのは、ぶっちゃけ今なら美人ってのとは少し違うってことっしょ? 色白って部分は、ここ数年の流行でも美人の基準ではあるけど。
でもいまだに「秋田美人」という言葉は残ってて、なにかと使われるわけで。
確かに秋田にベッピンさんが多いことは否定しないけど、他の県と大差をつけてって程でもない気がするんだよねえ。ファッションやらスタイルやらトータルした美人なら、東京とか青森の方が多いし。
で、結論。「秋田美人」ってのは単なるお約束でしかないんじゃないかと。
あれよ、納豆って言えば水戸って付けちゃいたくなるとか、6月に結婚式があると聞けば「ジューンブライドって言うもんねー」って言っとけみたいなもんで、秋田のベッピンさんのことは秋田美人って言っとけっていうお約束。
と考えれば、現在使われてる「秋田美人」って言葉には決まった系統も特徴も特にないんじゃないかなあ。
というわけで、「秋田美人」という特殊な生物がいるわけじゃありません。普通に美人を見てご納得ください(笑)。
posted by がー at 14:43| Comment(0) | 秋田とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

しったけ売れでらすけ

米に続いて漫画来た…!((((;゜Д゜)))
買ってる私も私だけど。うん…好みとして萌えは範囲じゃないんだ…。
アニメイトで見かけて即買いしたんだけど、再入荷分って書いてあるのに、私が買ったらもう残り1冊だった。公式HPによると秋田のジュンク堂で売上トップをとったそうで、どうやらかなり売れてるっぽい。あ、タイトルは秋田弁で「とっても売れてるそうです」です。地域によっては「すったけ売れでだどよ」になるのかな?
文章のフォントとかもう少し気を使ってほしかったかなーとか思いつつ、秋田県民には充実すぎる内容。
まさか「ぼだっこ」やら「パレ・ドゥ」やら「ニジュウハチコ、タベマシタ!」にまで触れるとは。ほーら、秋田以外の人にはもう何のことかわからない。でも秋田県民なら大爆笑必至。
巻末に秋田弁検索がついてるところが素晴らしい。日常生活で使う範囲なら、辞書買わなくてもこれでOKだぜ! いやまじで。
もちろん「地元(身内)ネタ」っていう部分が確実にあるけど、これはGJ! 私の今年上半期の買ってよかった本リストトップ3に堂々ランクインす。
修学旅行CMとか「まず寝まれ」とかスパイク付長靴とか、残念なくらいに秋田にはまだネタが眠っているので、続刊希望!
県南と中央方面の方ならばっちりはまる方言(秋田は県北と県南でだいぶ方言が違います)だし、30代の方ならさらにどストライクなネタ満載ので、まず読めでば。


はじめての秋田弁(無明舎出版)
あきた4コマち(作者サイト)
posted by がー at 23:02| Comment(2) | 秋田とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月30日

桜とお城と福禄寿と私

友達と一緒に花見。満開で今が見ごろって感じ。
100430桜.jpg
100430桜2.jpg

が、今年の開花は遅いらしく、観桜会=出店は27日で終了。じゃがバタ屋さんが全力で撤退作業してた。でもその分おちついて桜を楽しめた。正直、桜を見るのには出店はジャマなのかも。
何十年かぶりってなレベルで千秋公園の上まで上がり、初めて見る文化財やらお隅櫓に入ってみた。
「久保田城に石垣と天守閣がないのは、徳川へ従う意を示したもの」っていう説明を聞いたんだけど、石垣がない? …あ、たしかにただの山だ。石っていやあ階段くらいだ。なんて素晴らしく基本的なことを今さら知る始末。
家康と来たら豊臣に味方した佐竹の殿様にどこへ国替えなのか教えなかったとか、殿様たちは22、3歳で亡くなった人がやたら多いとか、そんな話を見聞きして、現在進行形で時代小説にはまってる私としては、結構楽しめた。
お約束で2人でおみくじ引いて、案の定敗北。小吉で、失せ物は出ても手間取ると言われ、恋愛はいもしないのに「この人を逃すな」と言われ、病気は重いと言われ。これ、凶じゃねえのか?
悔しいから、神社に結んできたったわ。
千秋公園の八幡秋田神社にはおみくじが2種類あって、1つは私も引いた七福神のいずれかのシール付きの七福神おみくじ。私のは「出世開運」と書かれた福禄寿。就活の成功は頼むぜ、じいちゃん。
もう一つは鳩みくじ。鳩って何のこと?と思ってたら、結ぶ段になってネーミングの謎解明。結ぶと鳩っぽくなるから、鳩みくじってことらしい。かわいいじゃん。
100430鳩.jpg

とか言いながら、結局は100均巡りしてウハウハして帰ってきたわけだけど(笑)。
来週くらいには、雄和の桜も見ごろかな。行ってみようかな。
posted by がー at 21:48| Comment(0) | 秋田とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

選択肢がない→選択肢を求めて人が出て行く→需要がなくて選択肢を用意ない、な悪循環、それが秋田

夜間もあるって言うし、まあとりあえず通学コースの土曜日の全日コースで受けて、就活次第で夜間に切り替えて、勉強がうまく運んだらコンピューターコースも受けて、とか思って某医療事務の学校に申し込んだんだけどね。
「お申し込みいただいた土曜日のコースは人がいないので、やらないことになりました」と。
いろいろ確認していった結果、夜間も同じく人が集まらないせいでここ1年くらいやってなくて、結局は平日の午前1コースしかやってないことが判明。おまけにコンピューターコースも同じく平日の午前1コースのみ。
都合は分かるけどさあ、それじゃあもう全然選択肢ないじゃんよぉ…orz。
かといって、せっかく決意も固まったし、すぐに取れるものじゃないしこの先のことを考えたら今とっておいて損はないから、DVD付きの通信コースを受けることにした。医療事務は資格より実務経験優先だから、取っても使えるか分からないけど、まあないよりいんじゃね?
にしても、ほんとに秋田って仕事しながら勉強するっていう環境がないよね。
建築士とか歯科技工士とか調べたことあるんだけど、仕事しながらでは通えない学校ばっかりなんだよ。
需要があっても人数が足りないとか、まあ商売としてしょうがない事情もあるんだろうけどさ、でもこう…、抜け出せないよね、いろいろ。
まあとりあえず今は、このありあまる時間を生かしてやる! 悔し紛れに!>おい。
posted by がー at 15:27| Comment(0) | 秋田とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

そんな徹底ぶりはいらない

本日の秋田地方、月が綺麗に暈をかぶっております。
携帯のカメラでは取れないだろう朧加減なので、画像はなし。でもすごく綺麗。
たしか月が暈をかぶると翌日雨なんだよね。
うん、明日は雪らしいんだよ…orz。
春はどこ行った?!
posted by がー at 19:42| Comment(0) | 秋田とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

俺の中の乙女参上>オタク参上とも言う

駅前に本店があった加賀谷書店。駅前にはジュンク堂もあるけど、ジュンクはマンガ雑誌の立ち読みが一切出来ないので、立ち読みさせてくれてるお礼とばかりに、マンガはなるべく加賀谷で買うようにしてる、案外律儀な私です。
その本店がちょい離れたところに移ったんだけど、最近になってやっと行けた。
もうすげえの! マンガの立ち読める率が!
雑誌の種類も多くてそこもGJなんだけど、新刊もほぼ全部出来るの!
週間少年系はもちろん、ちょっとマニアックなものも新刊なら読めたりするから、かなり助かる。マニアックなやつって事前に雑誌に載ってたのを見てないのが多いし、立ち読みできるお店ってそうないからね。
なんかもう太っ腹すぎて、むしろメジャーなやつは立ち読みさせないようにしちゃえば?と思った>ひでえ。
ついあれやこれやと立ち読んで、5時間もいた(爆)。
もちろん還元はしてきましたよ、些少ですが。
いやー今度からジャケットとか噂聞いたとかで気になったやつは、加賀谷に確認しに行くわ。
にしてもさ。
店員のメガネ男子率の高さも半端じゃなくてさ。
しかも、結構私のツボをつく外見草食系で。
そんなメガネ男子に2人がかりでレジ打たれようものなら、ニヤニヤしちゃいそうで顔あげられんかったわ。
今度は遠くから堪能してからレジに行く(笑)。
posted by がー at 23:58| Comment(0) | 秋田とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする